若い人の利用者が多い

大学のミス&ミスターが登録中


マッチブックと言えば比較的ここ最近誕生した定額制マッチングアプリなのですが、今注目されています。

その理由としてはあのゼクシィを運営をするリクルートグループが運営をしている出会い系サイトだからです。

リクルートグループと言えばタウンワークやフロムエーナビやリクナビ転職といった就職情報誌でも有名ですし、受験アプリやスーモなど多岐にわたって色々な事業を展開しています。

CMなども沢山出ていて知名度も抜群でしょう。

就職する時や転職する時などは一度は目を通したこともあると思います。

何よりも結婚情報誌のゼクシィはもう結婚をする時のバイブルと言って良いほど沢山のカップルや夫婦になる人は目を通したことでしょう。

そんなリクルートのグループ企業が手がけると言うことで安心感がありますよね。リクルートのグループ会社のニジボックスの社長の顔もホームページでちゃんと表示されている安心感があります。

もちろん定額制ですからキャッシュバッカーやサクラ業者の存在もそこまで気にしなくて良いですし、定額を払えば利用し放題と言うことで使いすぎる心配もないです。

マッチブックの特徴はとにかく若い世代の利用者が多いと言うことです。20代前半の大学生や新社会人、20代半ばの人が利用していることが多いです。

若い人が多い理由としてはマッチブックには有名大学のミス&ミスターが登録をしているからです。

大学にとってもはやミス&ミスターは大学の顔とも呼べるべきものです。

ミス&ミスターは将来アナウンサーなどに進む人も多いわけですから信頼がないと中々登録をするということもありませんよね。

ミス&ミスターも登録する側としてみたらやはり信頼がないと出来ないものですよね。

リクルートのグループ会社だからこそ大学側も許可したのではないでしょうか?

マッチブックを利用しようと思っている人からしてみれば大学側が許可していると言うことなどを踏まえるとかなり信頼が出来るマッチングアプリと言えるでしょう。

さらにマッチブックはフェイスブック連動型なのですが、登録をするためには10人以上の友達がいないと登録できないわけです。

これによって定額制ではサクラがほとんどいないのですが、さらに10人以上の友達がいないと利用できないと言うことからよりサクラの数は少なくなりますよね。

利用者もイケメンや美人や可愛い人が利用していると言うことでかなり評判もいいです。

まだ利用者は多くないかもしれませんが、これから先ますます利用者数は伸びていくことでしょう。

早めに登録をしていくことでどんどん新しい人と交流できるので早めに登録をしていきましょう。

リクルートの戦略的には広告を大々的に打ち出していくことにありますからどんどん利用者数も増えていくので今のうちからスタートしましょう。

マッチブックの運営者情報

マッチブックの運営者情報について紹介します。

株式会社ニジボックス

運営統括責任者
代表取締役社長兼CEO 吉澤 司

運営者住所
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-1
イヌイビル・カチドキ4F

問い合わせ先
info@mail.matchbook.cameran.jp

インターネット異性紹介事業提出済み
受理番号:30150071007

マッチブックの利用者の声

マッチブック利用者の声を紹介します。

○若い人が多くて大学生と付き合えた

○イケメンが多いので見ているだけでも目の保養になる

●みんなでワイワイ楽しみたいとか趣味活の人もいる

●可愛い子が多いけど自分に自信がないからアプローチするのに勇気がいる

マッチブック利用者は若い人を中心に集まっています。しかし、だからと言って年齢制限があるわけではありません。

実際に20代後半や30代前半の人も利用しています。

マッチブックを通じて10歳ほど離れた人と付き合いに至ったと言う人も珍しくありません。

特に女性の場合は付き合うのであれば年上のほうが良いという人もいるでしょうから積極的にアプローチをしていきましょう。